占い師☆伽鳳(かほう)

伽鳳先生の紹介

 

 

【プロフィール】
神奈川県横浜市出身。
鑑定歴は27年。延べ3万人の鑑定実績があります。
東洋占術の神髄といわれる『算命学』『方位気学』の専門家。
個人や会社向けのカウンセリング、コンサルティング、講師。
県立大学の哲学科非常勤講師。
 
【メディアにも多数出演】

・Yahooの川崎の当たる占い師・第一位
メディアでは、フジテレビの番組『噂の体感バラエティ・くちこみっ』が紹介する
占い館『運泉館』にもレギュラー出演しています。オープニングメンバーの凄腕占い師として、オープン初日のイベントに花を添えました。運泉館ではスタート以来、永くお墨付きを頂く信頼の厚い鑑定士です。
 
・FM NACK5 の人気番組でもある『NACK AFTER5』にも出演。

TV東京『猛烈リサーチ!仰天マル珍ランキング』有名占い師に聞いた2017年誕生日ランキングに出演。
週刊「女性自身」インタビュー。他雑誌等のメディア取材も受け、多方面で活躍中です。
 
算命学ブログ 『アメーバブログ』に掲載しております。

ニュースに取り上げられる事件や有名人の鑑定も行っています。
 
口コミで人気が広がり、川崎市溝の口駅に鑑定サロン(Petit Lapan プティラパン)をオープン。

各界の著名人や芸能人などから多数支持され、高い評価を頂いております。
 
 

【親身になってご相談に乗ります】

「占いに興味はあるけど、ちょっと不安…」
そんな方にも、安心してご相談していただけるよう、
みなさま一人ひとりのニーズに合わせたお答えを、伽鳳(かほう)が親身にお答えしております。
『伽鳳先生、優しかった~❤』なんてお言葉もみなさまから頂いております。
清潔感があってオシャレなお兄さんタイプ」 「優しい口調で親身に話す感じがオバチャマ系で話しやすい!」と親しまれております。
また、算命学の占技は的確で見事と、お客様から高評価を頂いております。
もちろん癒しを求め、”話をしていると心が落ち着きます!”などそんな方々にも評判です。
 
【日本人なのでご安心を(笑)】

『伽鳳』=かほうという名前は、先代の師匠から頂いた名前です。
本名は、日本のどこにでもある、純和風の名前です。
伽鳳という名前から、
よくお客様に、『日本人ですか?』『女性なの?』と感想を頂いておりましたが、日本人の男性です。
 
 

1.【占いについて~運命は変えられるか】

お客様からよくあるご質問のひとつに「運命は変えられないのでしょうか?」というものがあります。
この質問に答える前に、まず「運命」というのが何か考える必要があると思います。
 
 
 運命とは、「人間の意志にかかわりなく身の上にめぐってくる吉凶禍福。それをもたらす人間の力を超えた作用。人生は天の命(めい)によって支配されているという思想に基づく。めぐりあわせ。転じて将来のなりゆき。」(広辞苑より)と書かれています。
 
 運命を、それを定める何らかの大きな力の存在を前提として、「生まれたときから死ぬまでの人間の人生を、出生時にあらかじめ定められたもの」と考えるとします。そうすると、自分の力では運命を変えられなさそうに思えてしまいますよね。仮に、運命を変えられなかったとしても、もしくは、努力して変化することもすべて規定のコースだとしましょう。

大切なのはそこではなく、運命を人間があらかじめ知ることができると考えるかどうかです。知ることができるなら変えられそうに思えます。でも、知ることができないなら、変えられるかどうかもわかりません。
 
 「はて?それを知るために占いがあるのではないの?」とおっしゃるあなた。確かにその通りです。私が得意とする算命学は、中国の歴史に裏打ちされた学問として、「こういう生まれの人は、こんな人生をたどりやすい」とか、「こんな年にはこんなことが起こり得る」とか、高い確率で起こるであろうことを、示すことができるのです。けれども、それがすべてではありません。今までどれだけ徳を積んできたか、そういうことでも少しずつですが運勢は変わってきます。最初は少しの違いでも、長い間に積み上げると大きく違ってくることはいくらでもあります。つまり占いだけでは万能にはならない、ということです。確かに人生の方向性や波は存在しますが、受け取る側の意識によっても変わってくるのです。
 
 例を挙げましょう。あるお客さんが、一年の限定の仕事だがやりがいもあるし、是非採用されたその会社に行きたいのだが、どうだろう?と相談に見えました。鑑定してみると、「口論が多く、落ち着かない仕事」であると象意が現れています。あまりおすすめできるとは言い難いお仕事のようです。そこで、その内容をお伝えし、あわせて、ではどうしたらいいかをお話させていただきました。一年の仕事なので、あまり人間関係に深入りしないことや、いくつかのポイントもお示ししました。
 
 
 一年たって、またそのお客さんが見えました。開口一番「いや、当たってましたよ」とおっしゃいます。聞いてみると、その新しいお勤め先は、仕事の内容もよく、キャリアという意味ではすばらしい実績の一つになったそうです。しかし、社内の雰囲気が悪く、社内では信じられないような怒号が飛び交っている様子でした。さらに、その方が就職されて2ヶ月目に同期の方が辞め、さらにその2ヶ月後には、会社の上層部の人が辞め、という風に、いざこざが絶えなかったそうです。しかし、その人は、びっくりはしたものの、準備があったのでどちらにも与することもなく、ひょうひょうと仕事をこなして、期限まで働き、次の仕事に変わられました。

 ここで大切なことは、「社内で口論が多く、落ち着かない仕事」は一般的にはよい仕事とはいえません。しかし、この仕事は、1年限定の仕事だったこと、そして、仕事そのものは、まさにその人にとって願ってもない内容だったのです。それらを踏まえて、このお客さんは、ご自身の努力と心がけで、災いを小さくし、大きな成果を手に入れられたのです。
 
 私は、人生に起きるほとんどのことには、本来は禍福の意味づけはないと考えています。意味をつけるのは、その出来事に出会った人間です。同じ困難に出会っても、「何事も勉強勉強」と、苦しいことを乗り越える人がいる一方で、不平不満でいっぱいの人もいます。「どうもついてないな」と感じると、気分転換をする人もいれば、愚痴をこぼすだけの人もいます。占いで運勢が悪いときといわれたら、また、好調な時がきたときに大きく飛躍できるように、一生懸命準備をする人もいます。
 
 「運命が変えられるかどうか」という質問にはあまり意味がなく、どんな心持ちで生きるか、が大切だと私は考えます。

 

2.【人生は航海のようなもの~時化も凪もある】
 海を見ていると、いろいろな表情がありますね。日本海は、濃い群青色です。沖縄の海は、スカイブルーに近いところもあります。エーゲ海はエメラルドグリーンと言われていますよね?(行ったことはありませんが)波の静かな月夜の海は、銀をながしたような静かな様子で、幻想的だと聞きます。一方で、台風ともなれば、巨大タンカーを真っ二つにおるような高低差のある波で大荒れになることも。小さな船はきっと木の葉のように揺れるでしょう。昔むかし、太宰府を出港した遣隋使・遣唐使の船は長さが30mほどといいますからそれほど大きなものではなく、さぞかし揺れたことでしょう。
 
 このように、人生にも波があります。

静かな海を快適に進んでいるときには、たいした苦労もありませんから、多少の我慢も苦になりませんし、どんな人とでも楽しくやれます。けれども、苦しいときや辛いときには、わずかな我慢も辛くてたまらないことがあります。だからこそ、日頃から、苦しいとき、辛いときに備えておく必要があるのかもしれません。本当の友達、本当の言葉、そんなものしか価値を持たない時がやってくるのですから。その準備の一つに、しっかりしたコンパスを持つ、というのもあると思うのです。信頼できるアドバイスなどと同様に、この場合のコンパスに使えるものの一つが、占いではないかと私は考えています。
 
 では、どうしたら、困ったときにきちんと道筋を示すコンパスとして、占いが機能することができるのでしょうか。

まず、占いは当たらなくてはなりません。
そして、鑑定の内容をきちんと伝えることも大切。人生を左右するものですから、
コミュニケーションには気を配る必要もあり、お互いに良い信頼関係を心がけることも大切です。
 
 
ただ、私が一番大切だと思うことは、鑑定結果をお客様がきちんとご理解して、

知ったことを100%どころか150%も200%も役立ててくださることができるような、
具体的な内容を含んでいるべきだと思うのです。その信頼の実績が今につながっております。

 

お気軽にご予約・お問い合わせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP